NIPTと羊水検査両方受けられる施設はないの?羊水検査を無料で行うNIPT実施施設を紹介!

2020年6月8日

niptと羊水検査を両方一緒に受けたい!と考えている方はいらっしゃいませんか?

実際には、niptか羊水検査のどちらか一方しか行なっていない病院がほとんど。

別の病院で検査を受けるということは、カウンセリングの再診や紹介状の再提出など負担が倍になってしまいます。

産休前だったり、つわりがひどいこの時期ですから、出来るだけ一つの病院で済ませたいですよね。

そんな方のために「niptと羊水検査を両方実施している病院・クリニック」をご紹介します。

niptと羊水検査を両方行なっている病院を探すワケ

そもそも、どうしてniptと羊水検査が一緒の病院が人気なのでしょうか?

niptだけ、または羊水検査だけ受ければいいのでは?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

niptと羊水検査は大きな違いがあり、それぞれの利点を合わせることで、精度の高い出生前診断を安全に受けることができるのです。

niptと羊水検査の違い 精度

niptと羊水検査の大きな違いの一つは、診断が確定する精度があるかないかです。

羊水検査は、胎盤や赤ちゃんの細胞を使うので染色体異常の有無を、確定させることができます。

一方niptは、お母さんの血液に含まれている「セルフリーDNA」という成分を使います。セルフリーDNAは、赤ちゃんと同じ遺伝情報を持ちますが、赤ちゃんの細胞ではありません。

そのため、陰性の場合は99.9%問題ありませんが、陽性のうち20%ほどは染色体異常がない可能性もあります。

NIPTを受けた後、陽性だった場合のみ羊水検査を受けるのが一般的な流れです。

niptと羊水検査の違い 安全性

精度が高いなら、羊水検査だけ受ければいいのでは?と思うかもしれません。

しかし、羊水検査にもデメリットがあります。流産や破水などの重大なリスクがあります。

羊水は、お腹に針を刺し、注射器で採取します。その影響で0.3%ほどの割合で流産や破水が起きています。

出生前診断を受けたことで命の危険に晒されてしまうのは本末転倒です。

NIPTが開発されたことで、NIPTをスクリーニングとして利用し、陽性の時だけ羊水検査を受けるという流れが一般的になりました。

niptと羊水検査を両方行なっている施設は”認可施設”

niptと羊水検査の両方を行なっている施設のほとんどが、大学病院や総合病院などの大きな病院です。

羊水検査を行うためには、流産や破水のリスク管理ができる産婦人科医が在籍している必要があります。検査であれば町の産婦人科でも実施できます。

一方、niptは日本産科婦人科学会の認可を受けた施設でしか実施できません。

認可を受けるには、産婦人科医だけでなく、小児科専門医や臨床遺伝専門医などの在籍など、様々な条件を満たしている必要があります。

そのため、niptと羊水検査の両方を行なっている施設のほとんどが、大学病院や総合病院などの大きな病院です。

殿堂入り記事

認可施設はniptを受けるハードルがかなり高い

niptと羊水検査を両方実施している施設にはデメリットがあります。

検査を受けるためのハードルがかなり高いことです。

  • 検査を受けられる妊婦さんが限られている:35歳以上の妊婦さんなど、染色体異常が発生しやすいと考えられる方のみ。
  • 検査前と後に夫婦で2回遺伝カウンセリングを受ける:平日に病院が指定した時間に通う必要がある。※病院によって異なる。
  • かかりつけ医からFAXで予約する:妊婦さんからの直接の予約を受け付けていない。妊娠週数を確認するために紹介状をFAXで送付する必要がある※病院によって異なる。
  • 同院で出産の予定がないと予約が取れない:病院によりますが、外来を受け付けていない病院もあります。
  • 予約枠が限られている:月に8件しか受け付けていない病院も。予約するのに2ヶ月かかる場合もあります。

※病院によって異なります。

NIPTの検査時期は妊娠10週目〜16週目ごろですので、ちょうどつわりで体調が優れない時期でもあります。また、産休前でお仕事が忙しい方もいらっしゃるでしょう。

こういった時期に検査を受けるにもかかわらず、検査を受けるハードルがかなり高いので負担が大きいのが現状です。

おすすめは「八重洲セムクリニック・奥野病院」

NIPTと羊水検査を両方実施している病院の中でも、おすすめは「八重洲セムクリニック・奥野病院」です。

特徴は、検査を受けるためのハードルが低く、NIPT〜陽性時のアフターフォローまで行なっていること。

先ほど紹介した検査のハードルがなく、年齢制限なしで、来院1回で検査ができるので、34歳以下の妊婦さんや、お仕事されている方、体調が優れない方も安心です。

産婦人科医がNIPTを担当しており、陽性の場合は診察後、羊水検査を無料で実施してもらえます。

また、かかりつけ医の紹介状送付は必要なく、WEBから365日予約の確認ができます。

この利便性と、産婦人科医の元検査を受けられる安心感が決め手となり、検査実績は約7,000件以上(※電話にて確認)

多くの先輩妊婦さんに選ばれる、信頼と実績のクリニックです。

殿堂入り記事