NIPT(新型出生前診断)無認可施設おすすめ6選!無認可施設と認可施設の違いも紹介!

2020年6月8日

「NIPT(新型出生前診断)を受けたいと思うけど、無認可施設と認可施設ってなにが違うの?」

「無認可施設って危険なの?」

「おすすめの無認可施設が知りたい!」

このように考えている方はいらっしゃいませんか?

無認可施設は現在も増え続けており、病院ごとの違いが分からないこともしばしば。

赤ちゃんの将来に関わる検査ですから、情報を集め、きちんと理解した状態で病院を選びたいですよね。

このページは、認可施設と無認可施設の違いから、おすすめの無認可施設の紹介まで、詳しく説明します。

5分ほどで読める内容になっていますので、ぜひ、最後までご覧ください。

NIPTとは?

NIPT(新型出生前診断・無侵襲的出生前遺伝学的検査)とは、採取した母体の血液中に含まれる胎児由来のDNA断片を分析して、染色体異常の可能性を調べる検査です。

従来の検査との大きな違いは「妊娠初期から、検査精度の高さとリスクの小ささを両立した検査を受けられる点」です。

NIPTは母体血を10ml〜20ml採血するだけで検査ができます。

そのため、従来の羊水検査や絨毛検査に存在した、流産(1/100〜1/300ほど割合)や破水などのリスクはありません。

さらに、陰性を正しく陰性と判断する検査精度(特異度)は、99.9%(35歳のダウン症の特異度の場合)と100%に近い精度があります。

そのため、検査結果が陰性の場合、ほとんど問題がないと言えます。

このような検査を、妊娠10週目という早い段階から受けられるのはNIPTの特徴ですね。

認可施設/無認可施設の違い

NIPTの実施施設は、認可施設と無認可施設の二つがあります。

認可施設とは、日本産科婦人科学会の指針に則り、認可を受けている施設のことで、認定施設とも言います。

認定を受けるためには厳しい条件があり、認定施設のほとんどが、大学病院などの大きな病院です。

日本産科婦人科学会は、あくまで民間団体なので、指針には法的拘束力はありません。

 

認可施設 無認可施設
検査項目 21トリソミー
18トリソミー
13トリソミー
21トリソミー
18トリソミー
13トリソミー
1〜22番染色体の染色体異常
性染色体異常
性別
検査費用 約20万円 約13万円〜20万円後半
※検査項目によって異なる
医師の専門 臨床遺伝専門医
産婦人科専門医

小児科専門医
遺伝カウンセラー
内科
美容外科医などの専門外の医師がほとんど
※一部施設で産婦人科医や臨床遺伝専門医など
遺伝カウンセリング 必須 ほとんどの施設で実施なし
※一部施設で産婦人科医や小児科医、臨床遺伝専門医によるカウンセリングを実施
陽性時のサポート 羊水検査:有
羊水検査の費用:病院によって異なる
羊水検査:基本的になし ※一部施設で実施有
羊水検査の費用:病院によって異なる ※認可施設よりも待遇がいい
検査結果の返却スピード 約2週間 約6日〜14日程度
検査を受ける条件 年齢制限(35歳以上)
遺伝カウンセリング必須
夫婦揃っての来院*
複数回の来院*
かかりつけの産婦人科医の紹介状*
NIPTを受ける病院での分娩*
NIPTを受ける病院の産婦人科外来受信*
医学上、検査を実施できれば特になし

※ ”*”がついている条件は病院ごとに異なる

認可施設と無認可施設の特に大きな違いは検査条件・カウンセリング・利便性です。

検査項目

検査項目は無認可施設の方が豊富です。

認可施設の場合、21トリソミー(ダウン症候群)・13トリソミー(パトー症候群)・18トリソミー(エドワーズ症候群)の3つしか検査ができません。

一方で、無認可施設の場合、海外の検査会社を利用しているので、指針の影響を受けていません。

そのため、3つのトリソミー以外にも、全染色体・性染色体(性別判定も可)・微小欠失検査ができます。

検査項目で選ぶのであれば、無認可施設に軍配が上がります。

検査費用

検査費用は無認可施設の方が若干安いと言えます。

認可施設の場合は約20万円で検査ができます。

無認可施設で3つのトリソミーを検査する場合、検査費用は約13万円〜20万円が相場です。

さらに、オプションとして、無料で性別判定を行なっている施設がほとんどです。

しかし、検査項目によって検査費用が変わるため、20万円後半になる場合もあります。

検査を受けるまえに費用面をしっかり確認しておきましょう。

医師の専門

同指針によると、認可を受けるためには、小児科専門医・産婦人科専門医・臨床遺伝専門医が協力して診療を行うこと必要です。

13番、18番、21番染色体の数的異常例について、疾患の治療だけでなく、どのような支援体制があるのかについても豊富な知識を持っています。

陽性の結果が出たとしても、専門医が迅速に対応してくれるので安心して検査をうけることができます。

一方無認可施設の場合、少数の病院を除いて、皮膚科医や美容整形外科医などの専門外の医師が検査を担当します。

NIPTについて詳しく説明を受けられないことも多いので、事前にNIPTについて勉強しておくことをおすすめします。

※参考
母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針

遺伝カウンセリング

遺伝カウンセリングとは、科学的な根拠に基づく正確な医学的情報をお伝えし、その上で自らの意思決定を促すものです。

カウンセラーは一定の考えを押し付け得るようなことはありません。あくまで、相談者の考えをまとめるためにお話を聞きます。

認定施設では、遺伝カウンセリングが必須条件となっており、全員が受診することができます。

一方で、無認可施設では一部例外があるものの、ほとんどの施設で遺伝カウンセリングは行われていません。

35歳以下の方で遺伝カウンセリングを受けたい場合は、他の施設で遺伝カウンセリングを受けてから無認可施設でNIPTを受験しましょう。

※参考
学術集会 | 日本遺伝カウンセリング学会

陽性時のサポート

NIPTは精度が高いとはいえ、確定診断ではありません。陽性を正しく陽性と判断する感度は80%程と言われています。

つまり、20%の可能性で実際には染色体異常がない、偽陽性がみられることがあります。

そのため、NIPTが陽性の場合には羊水検査を受けて結果を確定させる必要があります。

認可施設の場合は、産婦人科医が在籍しているので、羊水検査を受けることができます。

しかし、無認可施設の場合、美容外科医や皮膚科医など、専門外の医師が診断を実施している場合がほとんどです。

陽性時は、新たに別の産婦人科医を予約する必要があります。

検査結果返却のスピード

検査結果は無認可施設の方が早く受け取れることが多いようです。

認可施設では、検査結果は遺伝カウンセリングを通して受け取ります。

そのため、遺伝カウンセラーさんの都合上、2週間後になる可能性が高いです。

しかし、無認可施設では、遺伝カウンセリングは義務付けられていません。

郵送で結果を受け取れることもあるので、早い病院で6日~13日程度で結果を受け取ることができます。

検査を受ける条件

大きな違いの一つでもある、検査をうける条件です。

すでにご紹介したように、認可施設でNIPTを受けるためには様々な条件をクリアする必要があります。

検査を受ける妊婦さん達に関係するのは以下ような条件です。

  • 35歳以上の妊婦など染色体異常の発生可能性が高いとされる方
  • 採血の前後に遺伝カウンセリングを計2回受診できること
  • 夫婦同伴で遺伝カウンセリングを受けることができる方
  • かかりつけの産婦人科医が紹介状を書き、FAXで送付すること
  • 採血を実施する医療機関で分娩予定の方
  • 採血を実施する医療機関で産婦人科外来を受診すること
  • 採血を実施する医療機関で遺伝学級に参加すること

※参考:
母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針
NIPTについて|千葉大学医学部附属病院 遺伝子診療部
遺伝カウンセリング 産科 | 公益財団法人聖バルナバ病院
周産期遺伝相談外来 | 産婦人科 | 診療科のご案内 | 愛育クリニック
(最終閲覧2019年10月10日)

検査の条件に当てはまらなければ、そもそも検査を受けることすらできません。

病院選びの際は、真っ先に確認しておきましょう。

認可施設のメリットデメリット

■認可施設のメリット

  • 遺伝カウンセリングを受診できる
  • 専門家がNIPTを担当している

■認可施設のデメリット

  • 検査を受けるための条件が厳しい
  • 予約がとりづらい
  • 検査項目が限られる
  • 検査費用が高い
  • 結果返却のスピードが遅い(約2週間)

遺伝カウンセリングは、相談者が自ら自己決定ができるようになるために、染色体疾患の知識をつけたり、カウンセラーと話しなが自分の意見をまとめるものです。

子どもの将来に関わる検査なので、専門家の話を聞いてから検査に臨めるのは大きなメリットです。

一方で、認定施設では検査を受けられない人がいるのも確かです。

35歳以下の方は、染色体異常の可能性が高いことを証明できない限り、基本的には検査をうけることが出来ません。

また、検査の条件をみたしていたとしても、検査予約ができる時期が限られているため、地元の認定施設では検査を受けれないということあるようです。

その場合、都内の無認可施設を選ばざるを得ないというケースもあるようです。

無認可施設のメリットデメリット

■無認可施設のメリット

  • 検査を受ける条件がほとんどない
  • 検査の予約が取りやすい
  • 検査項目が豊富
  • 検査費用が安い
  • 検査精度が高い
  • 検査結果の返却が速い

■無認可施設のデメリット

  • 専門外の医師が検査を担当している場合がほとんど
  • カウンセリングを実施していない
  • アフターフォローが不十分な場合もある

※例外あり

無認可施設では一般的に、専門医ではなく、美容外科医がNIPTを担当していたり、カウンセリングなしでNIPTの説明用紙を手渡されるだけであったりとデメリットもあります。

一方で、検査を受ける条件は妊娠10週目以降であることだけなので、認可施設では検査を受けられない方も検査を受けられたり、検査項目が豊富なので、細部まで検査ができたりと、メリットがたくさんあります。

また、NIPT費用も安く抑えることができ、検査結果が陽性の場合、羊水検査費用を負担してくれるクリニックもあります。

利便性や、検査自体のクオリティ、検査にかかる費用などを考慮される方は無認可施設がおすすめです。

NIPT無認可おすすめクリニック6選

とは言っても、「無認可施設はやっぱり少し怖い」「どの病院を選べばいいか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに無認可施設は、病院によってサポート環境や、費用など差が大きいです。

しかし、中には充実したカウンセリングや、羊水検査の体制を整えている無認可施設もあります。

今回は、NIPTを実施している病院に直接問い合わせた私が、おすすめの病院を紹介します。

八重洲セムクリニック

検査項目/費用 基本検査:196,000円
(21トリソミー/ダウン症候群・18トリソミー/エドワーズ症候群・13トリソミー/パトー症候群・性別)

全染色体検査:220,000円
(基本検査+全染色体+性染色体異常)
全染色体+微小欠失検査:230,000円
(全染色体+微小欠失症候群)
陽性時のサポート 羊水検査の実施:有
羊水検査費用:無料(病院全額負担)
検査精度/検査会社 99.99%
ベリナタヘルス社
検査実績/医師の専門 約7,000件以上
産婦人科
アクセス/住所/電話番号 東京都中央区京橋2-6-16 エターナルビル4F
JR線 東京駅八重洲中央口徒歩 8分
東京メトロ線 京橋駅6番出口徒歩 1分
0120-011-073

八重洲セムクリニックは、検査実績7,000件を超える産婦人科医が、日本で唯一、年齢制限なしのNIPTを提供しているクリニックです。

もちろん、年齢制限以外の夫婦での来院義務や、複数回の来院、などの厳しい条件はありません。

特徴は、「産婦人科医がアフターフォローまで一貫して提供している点」です。

国内の年齢制限を設けていないNIPT実施施設で唯一、同院で、かつ無料で陽性検査を提供しています。

何か不安なことがあればカウンセリング時に相談することもできるのも、嬉しいポイントです。

認可施設の良さと、無認可施設の良さを両方求めたい!という方におすすめのクリニックです。

東京エバーグリーンクリニック

検査項目/費用 基本検査:150,000円
(21トリソミー/ダウン症候群・18トリソミー/エドワーズ症候群・13トリソミー/パトー症候群・性別)

全染色体検査:150,000円
(基本検査+性染色体検査)

全染色体+微小欠失検査:200,000円
(全染色体+微小欠失症候群)

陽性時のサポート 羊水検査の実施:無
羊水検査費用:無料(病院全額負担)
検査精度/検査会社 99.98%
Yourgene Helth社
検査実績/医師の専門 月70件
心臓血管外科医
アクセス/住所/電話番号 〒104-0031 東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル13F
東京駅から徒歩3分
03-6262-7087

東京エバーグリーンクリニックの特徴は羊水検査の費用を全額病院が負担してくれることです。

羊水検査の相場は、約15万円と言われています。しかし、中には羊水穿刺後、1日入院し安静にしてから、帰宅する形をとっている医療機関もあります。

そういった施設では、相場に上乗せでベッド代などもかかるので、費用がかさんでしまいます。

東京エバーグリーンクリニックでは全額羊水検査の費用を負担してもらえるので、安心です。

ただし、ベッド代など、検査費用以外については負担してもらえないので、注意が必要です。

エバーグリーンクリニックの予約はこちら!

ヒロクリニック

検査項目/費用 13,18,21染色体:120,000円
13,18,21,性染色体,性別:145,000円
全染色体:170,000円
13,18,21,性染色体,性別+微小欠失症候群:170,000円
全染色体+微小欠失症候群:180,000円
互助会費:3,000円
陽性時のサポート 羊水検査の実施:無
羊水検査費用:20万円まで負担※互助会費を払った場合のみ
検査精度/検査会社 99.9%
べリナタヘルス社
検査実績/医師の専門 公表なし
皮膚科医
アクセス/住所/電話番号 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3丁目11-27

JR川口駅より徒歩3分

0120-915-967

ヒロクリニックの特徴は検査の返却がとても早い点です。

採血してから、平均6.1日で結果を受け取ることができます。採血後7日で89.7%、10日で99%の結果を受け取ることができます。

また、検査費用を改訂し、120,000円〜と比較的安く検査を受けることができます。

しかし、こちらの検査費用は性別検査などは含まれておらず、検査項目がかなり限られているものです。

カウンセリングや、微小欠失検査費用、検査結果原本の費用などは別途費用がかかりますのでご注意ください。

ヒロクリニックの予約はこちら!

神宮外苑ミネルバクリニック

検査項目/費用 基本検査:160,000円
(21トリソミー/ダウン症候群・18トリソミー/エドワーズ症候群・13トリソミー/パトー症候群・性別)
全染色体検査:180,000円
(基本検査+全染色体)
全染色体+微小欠失検査:190,000円
(全染色体+微小欠失症候群)
陽性時のサポート 羊水検査の実施:無
羊水検査費用:15万円を上限(互助会費別途必須)
検査精度/検査会社 99.99%
ベリナタヘルス社
検査実績/医師の専門 検査実績:不明
内科・遺伝専門医
アクセス/住所/電話番号 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
東京メトロ銀座線「外苑前駅」3番出口から徒歩2分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩9分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道駅」から徒歩11分
03-3408-3768

ミネルバクリニックの特徴は、院長の仲田先生が臨床遺伝専門医であることです。

臨床遺伝専門医とは、遺伝学に精通した医師のことで、遺伝カウンセリングを実施できることが特徴です。

ただし、産婦人科医ではないので、羊水検査や人工妊娠中絶などは実施できません。

口コミを見てみると、先生には相性がありそうです。

自分の信念をしっかりと持ってらっしゃる先生で、確かに好き嫌いはあるかもしれません。
個人的にはこういう検査ですので、しっかりはっきりと言ってもらえるほうがありがたいです。
説明も丁寧で、とてもわかりやすかったのでいい先生に出会えて良かったなと思います。
ありがとうございました!
※引用:神宮外苑ミネルバクリニック – Google マップ
(2019年10月24日最終閲覧)

最悪な先生です。
警察を呼んで希望者を追い出したと、笑いながら自慢気に語っていました。
はっきり言ってここではやらない方がいいです!
※引用:神宮外苑ミネルバクリニック – Google マップ
(2019年10月24日最終閲覧)

先生には確固とした志があり、NIPTに対して強いお気持ちがあるからこそ、はっきりなんでも伝えるスタイルのようです。

お電話して検査実績を確認した際も、「実績を確認してどうするんですか?真実かどうかわかるんですか?どこの施設もみんな嘘ついてるんです。」とおっしゃっていました。

ご自身も強い意思を持ってNIPTに臨むことをおすすめします。

ミネルバクリニック予約はこちら!

A CLINIC

検査項目/費用 基本検査:148,000円
(21トリソミー/ダウン症候群・18トリソミー/エドワーズ症候群・13トリソミー/パトー症候群・性別・染色体異常)

全染色体検査:188,000円
(基本検査+全染色体検査)

全染色体+微小欠失検査:276,000円
(全染色体+微小欠失症候群)

陽性時のサポート 羊水検査の実施:無
羊水検査費用:150,000円まで支給
検査精度/検査会社 99%
Yougene Helth社
検査実績/医師の専門 約月200件
美容外科
アクセス/住所/電話番号 〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目10−10
東銀座駅から徒歩5秒
銀座駅から徒歩1分
03-6264-2428

A CLINICは銀座と横浜の二か所にクリニックを構えています。

この二つの医療機関は系列病院なので、検査の内容はほとんど同じです。

特徴として、完全個室で当日予約が可能な点が挙げられます。

A CLINICでは、来院してから、検査を終えて病院を出るまで、誰にも会うことなく落ち着いて検査を行うことができます。

A CLINIC 銀座の予約はこちら!

平石クリニック

検査項目/費用 基本検査:180,000円
(21トリソミー/ダウン症候群・18トリソミー/エドワーズ症候群・13トリソミー/パトー症候群・性別)

全染色体検査:195,000円
(基本検査+全染色体)
全染色体+微小欠失検査:230,000円
(全染色体+微小欠失症候群)
陽性時のサポート 羊水検査の実施:無
羊水検査の費用:無料(病院全額負担)
検査精度/検査会社 99.98%
Yourgene Helth社
検査実績/医師の専門 1,000件
内科・スポーツ系
アクセス/住所/電話番号 〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1−26 天城ビル3F
六本木駅 徒歩3分

平石クリニックの特徴は何と言っても採血委託機関の多さです。

全国22の施設(美容外科クリニック、スポーツクリニックがほとんど)に採血を委託している為、お近くのクリニックで採血を行うことができます。

NIPT陽性の場合、同院で羊水検査の実施はありませんが、都内の羊水検査を実施している施設を紹介してもらえるので、安心です。

また、羊水検査の費用は無料なので、金銭的にも安心して検査を受けることができます。

平石クリニックの予約はこちら!

自分なりの意見を持ってNIPTを受検しましょう

いかがでしたか?

認可施設は専門の先生の元、限られた妊婦さんが、限られた検査項目を検査できます。

対して無認可施設は、ほとんどの妊婦さんが検査を受けられ、検査項目は充実しているが、サポート面は足りない施設もあります。

しかし中には、専門医がNIPTから検査後のサポートまで一貫して行っていたり、臨床遺伝専門医がカウンセリングを行っている無認可施設もあります。

NIPTを受ける病院を選ぶ際は「無認可だから悪」「認可だから良」ではなく、病院ごとに比較しましょう。

また、そもそも自分には検査が必要なのか、なぜ検査を受けるのかといった、検査を受ける意義についても夫婦で話し合っておきましょう。